部署紹介
部署紹介

各部署の紹介

「地域・患者・家族のニーズに対応」
「心温まる看護の提供」をモットーに頑張っています

組織図

看護部長
次長(病棟系)
3西病棟
3東病棟
3南病棟
4西病棟
4東病棟
4南病棟
5西・消化器内視鏡センター
次長(外来系)
外来・救急外来
糖尿病/リウマチ膠原病センター
手術室・中央材料室
ICU・透析

外来・救急外来看護課

平成26年12月の救急外来改築とともに、救急外来が外来部門と統合し、新たにスタートしました。救急車受入件数も2,200件以上となり日々頑張っています。また、整形外科が加わり、幅広い症状の患者さんに対応できる環境が整いつつあります。
外来では、療養指導に重点を置き患者さんが安心して生活できるように支援しています。

外来・救急外来看護課

糖尿病/リウマチ膠原病センター

慢性疾患患者さんに対して、療養指導・意思決定支援などを、医師の診療と連携しながら看護機能を発揮させることができる部署です。資格として、糖尿病療養指導士・登録リウマチケア看護師を取得し、先進的な医療に看護師として関わることができます。

糖尿病/リウマチ膠原病センター

手術室・中央材料室看護課

手術室では、一般外科・心臓血管外科・脳神経外科などの予定手術から緊急手術まで、年間約1200症例の手術に対応しています。
平成26年より整形外科手術が開始となり、骨折や関節手術などの多岐の部分にわたる手術を行っています。また、下肢静脈瘤に対する血管内レーザー焼灼術も増加傾向にあり、低侵襲・低リスク・低コストの治療を提供しています。常に医師・看護師・他職種の連携を図り、安全で安心できるチーム医療の提供を心がけています。超急性期で忙しくストレスの多い職場だと思われますが、花見やバーベキュー等のイベントを季節ごとに開催し、プライベートも充実させながらリフレッシュしています。

手術室・中央材料室外看護課

ICU・透析看護課

ICU・透析看護課ではお互いの部署間の垣根を越え、連携を取りながら看護ケアを行っています。ICUでは、重篤な患者さんの受け入れを行い、呼吸・循環・代謝などの全身管理を行っています。透析室では急性期~慢性期の患者さんの血液透析や、潰瘍性大腸炎などの治療としてLCAPなどの浄化療法も行っています。

ICU・透析看護課
ICU・透析看護課

3階西病棟

3階西病棟は外科病棟です。術後の専門的なケア、再発期から終末期の身体的・精神的苦痛を最大限に取り除く緩和ケアを提供しています。また、化学療法室も管轄し、入院及び外来での化学療法を実施しています。

3西病棟看護課

3階東病棟

3階東病棟は、糖尿病、リウマチ膠原病の患者さんを受け入れている病棟です。特に、iPadを使用した療養指導に力を入れています。また、地域連携パスを活用して、患者さんのかかりつけ医との連携に努めています。

3東病棟看護課

3階南病棟

3階南病棟は、2014年7月に新設された整形外科病棟です。
肩腱板断裂や大腿骨頸部骨折、人工関節(股・膝)などの手術を中心に受け入れています。
地域連携パスの運用により、地域医療機関との連携を図り、切れ目のない医療の提供を展開しています。
リハビリテーション部やソーシャルワーカーなどのメディカルスタッフと一丸となって、チーム医療を推進しています。

3南病棟看護課

4階西病棟

4階西病棟は循環器内科、心臓血管外科、耳鼻咽喉科を中心とした混合病棟です。
心不全や心臓血管内カテーテル治療、開心術や下肢静脈瘤に対するレーザー治療、耳鼻科の手術等の急性期の看護を行なっています。
HCUの改装と病棟リハビリ室設置により、重症患者さんの受け入れや早期リハビリ開始、特に心臓リハビリに力を入れています。また、地域連携パスを使用し、かかりつけ医との連携に努めています。患者さんが一日も早く退院できるよう多職種で連携し支援を行なっています。

4西病棟看護課

4階東病棟

呼吸器内科・腎臓内科・泌尿器科・小児科の4科を受け入れています。
主に、慢性疾患の生活指導を中心に、乳幼児から老年期と幅広い年代の患者さんと関わりますので、対象の患者さんの年齢や理解状況に応じて、わかりやすい説明や指導を心がけています。患者さんやご家族が、退院後に不安なく日常生活が送れるように多職種で連携し支援しています。

4西病棟看護課

4階南病棟

4階南病棟は、脳神経外科・神経内科の病棟です。脳卒中リハビリテーション認定看護師を中心とし、急性期看護を行っています。また、リハビリスタッフや歯科衛生士と協力し、"口から食べられるように"口腔ケアを行い合併症予防に積極的に取り組んでいます。また、ソーシャルワーカーと連携して在宅復帰支援に取り組んでいます。

4南病棟看護課
4南病棟看護課

5階西病棟

5西・消化器内視鏡センターは、消化器内視鏡科と皮膚科の混合病棟です。主に、内視鏡治療前後の看護が中心となります。また、病棟と外来が統合し、多職種と連携を取りながらを継続した看護を行っています。

5西 消化器内視鏡センター